普通自動車免許の取得方法

公道を自動車で走行するためには、まずは自動車免許を取得しておく必要があります。自動車免許をまだ持っていない人は道路を運転することはできませんので、まずは普通自動車免許の取得方法を知っておきましょう。

普通自動車免許の取得方法

普通自動車免許の取得方法には、まずは公安委員指定の自動車教習所で運転技術や学科を学ぶ、卒業後に試験場に出向き、適正検査や学科試験を受けるという方法があります。この場合、技能試験は免除されます。運転免許センターで技能試験を行う必要はありません。

学科試験や適正検査に合格すれば即日で運転免許証が発行されます。普通自動車免許の取得方法としては、一般的な方法です。

自動車教習所の選び方

自動車教習所は地元の教習所を選んで学ぶのも良いですし、より短期間に取得したいのであれば合宿免許に参加するという方法もあります。この場合は長期に休暇が取れることが大切ですので、学生さんなどが春休みなどの休暇を利用して取得することが多くなっています。

特に、春休みが混み合う時期です。この時期は、通学の場合、教習の予約を詰めて入れることが難しいのですが、合宿免許を利用すると、予定通りに卒業することができます。就職・進学前に普通自動車免許を取りたい人におすすめです。

一発試験という選択肢

普通自動車免許の取得方法としては、運転免許センターで一発試験に挑戦するという方法もあります。教習所を卒業せずに直接運転免許センターで受験するもので、技能試験も受ける必要があります。

この場合は自動車教習所に行かないために、教習費を節約できるというメリットがありますが、練習なしでいきなり技能試験を合格するのは難しいものがあります。かなり難度が高く、一発で合格する人は少ないようです。

一発試験を受ける人は、初めて普通自動車免許の取得を目指す人ではなく、免許の更新を忘れてしまった人、交通事故や違反で免許を失効してしまった人たちなどが再取得のために受験することが多いようです。

普通自動車免許を取得するなら、免許の窓口までお気軽にお問い合わせください。
免許の窓口 お電話番号