失敗しない合宿免許教習所の選び方

  • ポイントをおさえて安心の合宿免許

    (1)厳選44校! 合宿免許に必要な資格をもった教習所のみを掲載!

    ホテルや旅館に宿泊をする合宿免許では、紹介する会社(「合宿免許の窓口」)はもちろん、教習所もランドオペレーター業務をおこなうため、資格をもつ必要があります。
    合宿免許の窓口では、必要な資格をもっている教習所のみ紹介しているので、安心してお申込いただけます。

    (2)高セキュリティの教習所を豊富にご用意

    学校寮に泊まるのはセキュリティが不安といった声がありますが、今はほとんどの教習所の学校寮でもホテルなみのセキュリティが整っています。
    そのため、安心してご宿泊していただけます。

    (3)地元に帰ってからの運転までサポート

    合宿免許の欠点は地元との道路環境や交通量が大幅に違うことがあり、地元での運転が不安になってしまうこと。
    「合宿免許の窓口」では運転免許をとったあとに、地元で当社インストラクターの特別レッスンを受けられる地元教習付きプランがあります。
    インストラクターがお持ちする教習車両の外観は一般車両と相違ないため、道路になじんで教習を行うことができます。教習車にはもちろん補助ブレーキがついておりますので、ご安心ください。
    地元教習はたっぷり3時間ありますので、運転する自信がついたと大変好評です。

  • 合宿免許の教習所の選び方

    (1)合宿免許に参加できる条件を決める

    合宿免許は最短でも13日間泊まりこみで教習を受けなければいけませんので、参加できる条件を挙げることで教習所を探しやすくなります。

    日程を決める
    いつから参加できて、いつまでに戻らないといけないかを具体的に決めておくと探しやすくなります。
    参加人数を決める
    教習所は入校日に対して受け入れできる人数を決めてあります。そのため、参加をする人数は事前に決めておき、人数の追加がないようにご注意ください。
    車種を決める
    AT車かMT車かで定員・入校日・卒業予定日が変わってきますので、どちらの車種を取得するか事前に決めましょう。

    (2)こだわり検索から教習所を探す

    「合宿免許の窓口」独自のこだわり検索機能から教習所を探すのもオススメです。
    観光地が近い、学校寮が綺麗、スイーツバイキングがある、温泉チケットの特典、早割・グループ割・学割など、教習所ごとに特典や割引が違いますので、比較をするのもいいでしょう。
    教習所こだわり検索はこちら

    (3)グループでの参加なら宿舎を貸し切りにできる教習所を探す

    4人以上のグループでの参加なら、宿舎の貸し切りをおすすめします。
    人数に応じて対応している教習所が異なりますので、お問い合わせください。
    貸し切りOKの教習所は人気が高いので特にお早めのご予約が必要です。