一発免許

一発免許とは?

自動車免許を取得するためには、2つの方法があります。自動車教習所を卒業してから地域の運転免許試験場へ行って学科試験を受ける方法と、直接、運転免許試験場へ行って実技試験と学科試験を受ける方法です。

運転免許試験場へ行き、そこで実技試験を受けて免許を取る方法を一発免許、一発試験などと呼んでいます。

自動車教習所に通うには費用がかかります。合宿免許の安いところでも20万円程度、通学でも20万円から30万円程度と言われています。

一発免許の場合は、自動車教習所に通わずに試験を受けるので、自動車教習所の費用を準備する必要がなくなります。

費用がかからないために、よい方法に思えますが、合格の基準が高めに設定されているために、1、2回で合格できることはあまりないようです。

結果として、何度も受験を繰り返して費用がかさむということもあり得ます。遠回りに見えても自動車教習所に通った方が費用も時間も節約できるかもしれません。

一発免許の難易度が高い理由

一発免許は難しいと言われています。試験に合格すればすぐに公道で運転できるものなので、当然ながら合格の基準も高めになります。通常であれば自動車教習所できちんと運転について学びます。そのプロセスを飛ばしている分、採点基準は高くなるようです。

自動車免許が違反なので取り消しになってしまった方の中に、一発免許を試す方がおられますが、たいていの場合は不合格になるようです。

難易度がとても高く、長い間運転をしてきた人たちは、自己流の運転になって、その部分が採点基準をクリアできないからです。そのため、なかなか合格させてもらえないようです。

さらに、免許センターでの試験採点基準が、オープンになっていないため対策もできず、不合格になってしまいます。運転をする際には、いろいろと細かい基準が定められています。運転席のドアを完全に閉めない場合でさえも減点になってしまいます。

さらに、AT車の場合、フットブレーキまたはハンドブレーキを使わないでエンジンを始動したときも減点されてしまいます。細かいことをしっかりできていないと、一発免許では自動車免許取得できません。

腕に自信があれば別ですが、基本をきちんと自動車教習所でマスターするのが早道のようです。

自動車免許を合宿で取得するなら、免許の窓口までお気軽にお問い合わせください。
免許の窓口 お電話番号