合宿免許の保証とは?

合宿免許の保証とは

合宿免許には「保証内容」というものがあります。保証内容とは、パンフレットやホームページなどにある学校ごとのプランがカバーしている技能教習の時限や検定の回数上限などのことです。

年齢制限や回数上限などは教習所によって設定が異なりますから、合宿免許の学校選びをするときには、保証内容は必ず確認しておく必要があります。

なるべくなら、合宿教習所を滞りなく卒業したいものですが、うまくいかない場合もあります。合宿教習の卒業までの日数が伸びる可能性もあることを、あらかじめ想定しておくと、安心して合宿免許に参加できることでしょう。

年齢での制限

合宿教習所や教習コースによって、25歳以上、30歳まで、40歳まで、50歳まで、60歳までなど、年齢が設定されています。ご自身の年齢が当てはまるかどうかを確認しておきましょう。分かりにくい場合には、免許の窓口までお問い合わせください。

設定されている年齢の方に対して、技能検定の時限数、技能検定の回数、宿泊日数が決められていたり、卒業するまで保証してくれる場合もがあります。決められた時限数、回数、宿泊数を超えると、追加料金の対象になります。

宿泊の保証

この保証内容は、同じ合宿教習所でも、プランによって変わる場合もあります。また、規定の宿泊数を超える場合には、ホテルプランが学校の寮への移動、シングルがツインやグループ部屋への移動という具合に、宿泊施設や宿泊の部屋のタイプが変わる場合があります。

仮免許試験の保証

仮免学科試験に3回不合格になった場合には、どの学校でもそのまま教習を続けることができません。(学校によっては4回不合格)

一時帰宅をしていただき、地元免許センターにて仮免許を取得していただいてからの合宿免許の再開になります。この場合の一時帰宅交通費は自己負担になります。

「ここまでは保証しますが、ここからは別料金です」ということや、「一時帰宅ですよ」と言われると、ネガティブな気持ちになりがちですが、転ばぬ先の杖として知っておくことで、よりよい合宿生活が送れます。

ぜひ、短期集中で、費用も抑えられる合宿免許にトライしてください。

合宿免許の保証など合宿免許の詳細は、免許の窓口までお気軽にお問い合わせください。
免許の窓口 お電話番号