短期で自動車学校を卒業するなら合宿免許がおすすめ

短期で自動車学校を卒業するなら合宿免許がおすすめ

自動車学校に通って免許を取得する場合、職場や自宅近くの自動車学校に通う方法と、合宿免許と言って、2週間程度泊まり込んで免許取得に集中する方法があります。

学校の休暇中を狙って、短期で自動車学校を卒業したいなら、合宿免許がおすすめです。合宿免許では、オートマ車(AT車)限定で最短14日~、マニュアル車(MT車)では最短16日~で教習が終了します。学生であれば、夏休みや春休みなどの長期休暇であれば、余裕で教習を終えることができます。

合宿免許が短期で免許取得可能な理由

では、なぜ合宿免許であればこんなにも教習所を短期間で卒業できるのかというと、一日に数コマずつ、効率的に教習を入れることができるからです。一日の時限数が決まっており、その中で教習を数回、その他の時間にも学科の授業を入れることによって、日数を極限までおさえることができます。

学科で習った事をすぐに実地教習に活かせるのが、合宿での自動車学校の魅力です。生徒が一日中教習所の併設施設に滞在しているため、それだけ多くの教習を詰めて入れられるので、一度身体で覚えた運転の仕方をまたすぐに実践に移す事ができるのも合宿自動車学校の特徴です。

免許を取りたい人が多い春休みシーズンには、通学の自動車学校では、なかなか次の教習の予約が取れないということがあるそうです。

そのために予定していた期間内に免許を取得できなかったり、教習と教習の間に時間が空くことで、前回の教習の内容を忘れてしまうことがあったり、運転技術の習得に時間がかかることがあります。そのようにして、入校当時は「短期で免許取得を目指すぞ!」と頑張っても、結果として、教習所を卒業するのに数カ月かかってしまうこともあります。

その点、合宿免許では、決められた期間で教習が終了することが約束されているために、検定試験に合格しないということがない限り、予定通りに進んでいきます。人が混み合う春休みなどは、合宿免許を早めに予約して、短期集中で免許を取得するとよいでしょう。

合宿免許なら路上運転も安心

また、路上運転でも合宿免許での有利な点があります。合宿地の回りには比較的交通量少なく、のどかな環境の場所が多いので、運転に自信のない仮免取得者でも、周りの車をしっかりと確認しながら自分のペースで運転技術を習得できます。

教習の段階で、路上教習に有利な環境でしっかり自信をつけることができれば、免許取得後に高速や都会の道に出ても安心して運転ができるのです。

合宿免許は、短期間で卒業できることや、シーズンによっては予約が取りやすいことを考えれば、とても効率的で経済的な免許取得方法だと言えます。短期集中で自動車免許の取得を目指すなら、合宿免許も選択肢の一つとして入れられてはいかがでしょうか?

運転免許を最短で取得するなら、免許の窓口までお気軽にお問い合わせください。
免許の窓口 お電話番号