合宿免許がおすすめな理由

合宿の教習所

一般的に自動車教習所で免許を取得するには2つの方法があります。ひとつは自動車学校に通学する方法で、もう一つの方法が、合宿タイプの教習所に通う方法です。

合宿タイプの教習所は、短期集中で卒業したい方に向いていて、通称「合宿免許」と言います。

普通免許や自動二輪免許以外にも、大型やけん引等も実施している学校があります。

合宿期間は、車種などにもよりますが、2週間~3週間です。

参加費用に含まれているものは、教習所によって異なりますが、教習にかかる費用のほか、宿泊費・食費・交通費の一部です。

教習所・コース・時期によって料金が変わるので、料金や保証内容は必ず目を通しましょう。

早割り・学割・グループ割り等の料金が安くなるキャンペーンをやっている合宿免許もあります。

宿泊施設は、相部屋・個室が選べます。また自炊できる宿泊所を持つ教習所もあります。

セキュリティーが気になる人は、管理人が常駐しているところや女性限定の合宿プランなどがおすすめです。

カップルで利用できる合宿プランもありますので、資料を取り寄せて、いろいろな合宿免許を比較されるとよいでしょう。

合宿免許が格安の理由

合宿免許は、通学で免許を取得するよりも安い金額が設定されています。

費用のなかに教習のための料金以外に宿泊代、食事代、交通費の一部が含まれる場合が多いのですが、それでも、通学で免許を取得するよりも安いのはなぜでしょうか。

合宿免許で普通自動車の教習を受ける場合、最短で14日から16日で卒業できるところがほとんどですが、通学の場合には早い人で1か月程度、時間がかかる人は6か月くらいかかることもあります。しかも、通学の自動車教習所では、車を運転する技能教習も毎日ではありません。教習をする教官も、授業の入っている時間と空いている時間がでてきます。

教習所側の立場としては、できれば、空き時間を少なく短期で卒業していく人が多い方が経営の面で有利です。合宿免許の場合は、教習所側のムダな経費を少なくすることができる分、通学よりも格安の金額で卒業まで教習を受けてもらうことができるのです。

また、自動車教習所には閑散期と繁忙期があります。つまり、免許を取りたい人が多い時期と、少ない時期があるのです。高校の卒業間際、大学の入学シーズン直後や夏休み・冬休み・春休みなどの長期休暇の時期は、多くの人が教習所に通う時期です。その一方で、自動車学校に人が少ないシーズンもあります。そのような人の少ない時期に合宿免許に来てくれる人がいると、合宿免許の自動車教習所としては経営面でも安定します。価格を安くして、合宿免許に人が来てもらいやすいように配慮をしているとも考えられます。

また、合宿免許を行っている自動車学校の立地が安いことも考えられます。たいていは、都心部ではなく地方の地価の安いところにあります。都心部の自動車学校よりも経費がかからないといえるでしょう。

料金が格安な合宿免許は自動車教習所側と教習を受けたい人との利害が一致している方法だと言えるでしょう。

合宿免許を終了した後は?

合宿免許を終了した後は、通学で教習所に通った人と同じです。

住民票のある都道府県指定の運転免許試験場へ行き、試験の申請をした後、適性検査を受けます。

その後、学科試験と技能試験を受けます。

技能試験は公安委員会の指定した教習所を卒業していれば免除されますので、学科試験だけで大丈夫ということになります。免許の窓口にてご紹介している合宿免許の自動車教習所は、すべて公安委員会公認ですので、ご安心ください。

卒業証明書の有効期限は一年間ですから、卒業後1年以内に自動車免許を取得してください。有効期限を過ぎると技能試験が免除されないので、教習所卒業後は、すぐに学科試験を受けにいきましょう。

試験に合格した人は、顔写真を撮影したあと、免許証が発行されます。交付された運転免許証の名前や住所に間違えがないか確認しましょう。これで、公道で自動車の運転ができることになります。

合宿免許のことなら、免許の窓口までお気軽にお問い合わせください。
免許の窓口 お電話番号